法律が絡む問題は弁護士に依頼

普段生活するうえで、弁護士の存在を身近に感じることはあまりありません。何故なら、身近に何もトラブルがなければ、弁護士のお世話になることはほとんどないからです。しかし、法律が絡んでくると話は別です。離婚や国際離婚、自己破産など法律が絡むトラブルに巻き込まれたときは、弁護士に依頼しましょう。

ニュース

離婚を検討中の方におすすめ【弁護士を頼ることで円満離婚が可能】

男性弁護士

弁護士によって得意、不得意が異なる

法律が絡むトラブルには弁護士の存在は欠かせません。しかし一口に弁護士といっても、得意・不得意の分野がそれぞれ異なることは知っておくと良いです。離婚や国際離婚に詳しい弁護士がいれば、自己破産や相続専門の弁護士もいます。やはり扱ってきた案件が多い分野ほど、その弁護士にとっては慣れている分野となります。そのため弁護士事務所のホームページなどで得意分野をチェックすることをおすすめします。

女性弁護士

無料相談を活用するのがベスト

知り合いに弁護士がいれば法的なトラブルについて相談しやすいですが、弁護士の知り合いがいる人はそれほど多くないかもしれません。そして弁護士に相談すると、それだけでお金がかかってしまうと心配する人が多いです。その場合は、法テラスのような相談無料の制度を活用しましょう。法テラスとは法律トラブルを抱えた人が気軽に利用できる公的なサービスのことです。無料で法律に関する情報が受けられるというメリットがあります。

任意整理と自己破産の違い

任意整理は裁判所を通しません

任意整理とは債務整理の1つであります。裁判所を通さずに弁護士が債務者の代理人となって、債権者と支払い可能な条件について手続きを行います。やはり裁判所を通さないという点が一番のメリットであり、面倒な手続きがあまりないという特徴があります。

自己破産は裁判所を通します

自己破産は任意整理とは異なり、裁判所を通じて行う債務整理のことです。裁判所から免責を受けることで債務をゼロにすることができます。ただし自己破産を受けると、所有できる財産に制限が出たり行動の自由を制限されたりとデメリットが出てきます。

借金で悩んでいる場合は過払い金の有無をチェックしよう

多額の借金を整理するときに、是非確認したいのが過払い金の有無です。過払い金とは利息制限法が定めている利率を超えた金利で借入れをしてしまった債務者が、法律上の借金の支払額以上に返済を続けた場合に生じる、払いすぎたお金のことです。もし過払い金の有無が分からない場合は、過払い金を専門とする弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士選びで見ておくべきポイントランキングベスト3

男性弁護士
no.1

相談したい分野の実績の有無

弁護士に相談したい人は、依頼する内容が決まっていることが多いです。そのため、相談したい分野について取り扱い実績が多い弁護士であるかをチェックしましょう。例えば相続に関して相談したければ、相続専門の弁護士へ依頼する必要があります。

no.2

立地を確認しよう

もし弁護士に正式に依頼をする場合、メールだけでなく直接会って話をする必要が出てきます。場合によっては、頻繁に弁護士と打ち合わせしなければならないことがあるため、事務所の立地もしっかり確認しましょう。

no.3

法テラスを利用する

もし金銭面に余裕がなければ、法テラスを利用して弁護士を探してみましょう。法テラスでは無料で相談を受け付けています。もし自分で弁護士を選ぶ場合は、法テラスに登録している弁護士から選ぶ必要があります。

残業代請求手続きを大阪で進めよう

過払いは大阪

成田で弁護士を探すならここへどうぞ

弁護士なら大阪で有名なこちらへ☆ 大阪での交通事故被害は弁護士事務所に即相談☆

広告募集中