出張も対応しています。あすなろ健康院の気功やヒーリング・無痛整体や氣功は肩こり腰痛・慢性病・難病まで多くの疾患に対応しています。

四十肩・五十肩

症状別解説 【四十肩・五十肩】

画像の説明

こちらでは、主な症状に
ついての解説と、通院回数などのおおまかな
目安を記載します。

四十肩・五十肩

画像の説明

肩関節の周囲に起こる炎症のことを、五十肩(四十肩)と言われ、一般的に40代から50代の人に起こりやすい症状だとされています。正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれ、主に肩関節の周囲に起こる炎症のことです。

肩の深部にある筋肉は、普段の生活では、鍛えにくい筋肉でもあるため年を取るにしたがって衰えが進んていきます。
やがてそれらは、加齢による体の柔軟性の低下などの影響も手伝って、40~50代になると現れてきます。

また「肩こり」と「五十肩」は同じものととらえる事が多いのですが、実はこの二つは全く違い、肩こりがなかにか治らないと思っていたら、実は五十肩だった、というケースも少なくありません。

肩こりは、肩の筋肉の血行障害が原因で、肩や首が痛むことはあっても、動かしにくくなることはありません。これに対し、五十肩では肩関節の働きが衰えるため、激しい痛みを感じて、腕を高く上げたり、腕を後ろに手を回したりする動作が難しくなってきます。五十肩の症状はお客様の状態により、かなり個人差がありますが、早い段階で適切な手当てを始めたお客様の方が回復は早いようです。当院の複合療法は、多くのケースで肩の可動域が広がるか、痛みが和らぎます。

※通院のめやす:およそ週1ペースで5回~10回程度がめやすです。


画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional