出張も対応しています。あすなろ健康院の気功やヒーリング・無痛整体や氣功は肩こり腰痛・慢性病・難病まで多くの疾患に対応しています。

治療方針2

当院の「医療氣功」は自律神経を整えて不調を改善します。

人の背中には脊椎と呼ばれる24個の背骨があります。上から7個の椎骨で形成される頸椎、12個の椎骨で形成される胸椎、5個の椎骨で形成される腰椎から成り立っています。更にその下に仙骨、尾骨があります。下の図のように、脳を含めた私たちの骨格とそこから出ている神経、更に内臓とは密接な関係があります。

特に胸椎から伸びる交感神経は脳を除く全内臓と繋がっていて、胸椎を刺激することが交感神経を刺激し、その刺激が全内臓を直接刺激することとなって内臓の働きを高めます。また更に、各内臓が脳と仙骨で副交感神経と繋がっていることで、交感神経と副交感神経の連携が成り立つしくみに人の体はなっています。

その他、東洋医学的な観点からも、肝兪、胆兪、脾兪、腎兪、心兪、胃兪などの内臓の経穴も背中には数多く集中しています。

画像の説明

自律神経の乱れと病気の関係はお医者さんも公表しています。

新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 安保 徹 氏
日本自律神経免疫治療研究会理事長 福田 稔 氏

両氏の研究により、交感神経と副交感神経が、内臓や血管だけでなく、血液中の白血球の数と働きをも調整しているという事実が突き止められています。白血球は、免疫を含む自己防御システムにおいて、きわめて重要な働きをしている血球細胞であり、自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れが免疫力の低下を促し、病気を発生させる原因であることが両氏によって解明されています。

  ↓
安保徹教授 福田稔医師は、対症療法に頼らない真の免疫学を提唱しています。病気の起こるしくみがわかれば、おのずと治るしくみも見えてきます。根本原因であるストレスを取り除き、自律神経の働きを整えて免疫力を回復させれば、どんな病気も自然と回復に向かっていきます。
  ↓

あすなろ氣功センターでは、神経・血管・筋肉が共益することで健康が保たれており、このバランスが、精神的・肉体的ストレスによって崩れたとき私たちの健康は破綻すると考えています。

ですので当院のの気功法は、自律神経(交感神経・副交感神経)免疫・神経・血管・筋肉・深層筋の再生回復を果たすことにより改善に導く根本療法と言えます。

難病・原因不明の病気・慢性の疾患などにに対しては、確立した「医療氣功」を用いることで、免疫力の回復を果し改善治癒へ導きます。股関節痛・腰椎椎間板ヘルニア・頸椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などは筋肉・深層筋の硬縮が神経を圧迫することで発症しますが、これらの症状に対しては、他には類のない無痛整体法を組み合わせた「気功整体法」で改善へと導きます。

当院では臨床実績を重ね、内蔵疾患、うつ、様々な慢性病など現代医学では症状を抑えるだけの方法しか無く、何年も薬漬けになっている症状なども自然治癒力を高めて根本から改善させる方法で効果を上げています。

自然治癒力を高める事に目を向けなければ、慢性的な不調は改善しません。
長年の通院にもかかわらず症状が改善されない。
どこに行っても良くならないなどのお悩み、ご相談下さい。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional