出張も対応しています。あすなろ健康院の気功やヒーリング・無痛整体や氣功は肩こり腰痛・慢性病・難病まで多くの疾患に対応しています。

頭痛

症状別解説 【頭 痛】

画像の説明

こちらでは、主な症状に
ついての解説と、通院回数などのおおまかな
目安を記載します。

頭 痛

画像の説明

頭痛に悩む人は、日本で約3,000万人以上もいると言われています。頭痛には急性のものと慢性のものとがあり、頭痛とひとくちにいってもその症状は軽いものから激痛まで実に様々です。

頭痛を危険度から分類すると、命に関わる様な危険な頭痛と、そうでない頭痛に分けられます。
危険な頭痛には、くも膜下出血や脳腫瘍などによるものがあります。一方、危険ではない頭痛には、片頭痛や緊張型頭痛があります。この緊張型頭痛は、慢性頭痛の7~8割を占めると言われています。

※通院のめやす:およそ週1~2ペースで2回~5回程度がめやすです。

緊張型頭痛

肩こり、目の疲れなどからくる頭痛で、慢性頭痛の中でも圧倒的に多いのがこの緊張型頭痛です。これは筋肉の「コリ」や「張り」が原因で起こるものです。特徴としては、後頭部や側頭部が締めつけられるように痛みます。また、頭痛だけでなく、首の筋肉が痛んだり、肩コリを伴ったりすることも多くあります。朝起きたときは軽くても、夕方になってくると痛みが増してくるケースが多くあります。

緊張型頭痛は、肩コリ以外に、目の疲れ(眼精疲労)などがさらに症状を強めて、悪循環の元になります。パソコンなどを多用する現代人には多いタイプの頭痛と言えます。

片頭痛

慢性頭痛の中でも、ストレスや自立神経の乱れなどが原因で起こるとされているのが、この片頭痛です。自律神経はストレスの影響を受けやすく、ストレスでその働きが乱れると、多くの症状を訴えます。片頭痛もそれらの症状の一つとされています。

症状は筋肉性の頭痛よりも重く、ズキンズキンと脈を打ったような痛みが続くことが多くあります。片頭痛は、ひどくなると吐き気を伴うこともある大変辛いものです。当院では一人一人の頭痛のタイプを見極め、自然治癒力を高めることで、早期に改善を図っていきます。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional